南巡講話(読み)ナンジュンコウワ

デジタル大辞泉 「南巡講話」の意味・読み・例文・類語

なんじゅん‐こうわ〔‐カウワ〕【南巡講話】

中国最高指導者だった鄧小平が1992年初頭に湖北省広東省上海など同国南部地域を視察した際、各地改革開放加速をよびかけたことをさす。天安門事件以降低迷していた同国の経済はこれをきっかけに活性化し、市場経済化・グローバル化が進んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「南巡講話」の意味・わかりやすい解説

南巡講話
なんじゅんこうわ

1992年1~2月に鄧小平が中国南部の諸都市をめぐって開いた講話。楊尚昆国家主席を同伴し,武漢(湖北省),深圳,珠海(いずれも広東省),上海など南部諸都市を訪れた。各地で行なった講話で,鄧小平外資導入による経済建設を大胆に推進するよう力説し,武漢では,改革・開放政策に熱心でないと江沢民総書記と李鵬首相を批判した。中央のマスコミ保守派に握られていたため,南方都市に出向いて行なわざるをえなかった鄧講話は,1992年秋の第14回中国共産党大会を控え,保守派を押え込む人事を実現するための重要な布石だった。(→中国共産党

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android