コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南弘 みなみ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南弘 みなみ-ひろし

1869-1946 明治-昭和時代の官僚,政治家。
明治2年10月10日生まれ。第1・第2次西園寺内閣の書記官長をへて大正元年貴族院議員となる。法制・教育通として知られた。昭和7年台湾総督,同年斎藤実内閣で逓信相。9年国語審議会会長,のち枢密顧問官。昭和21年2月8日死去。78歳。越中(富山県)出身。帝国大学卒。旧姓岩間

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南弘の関連キーワード山路 ふみ子処刑の部屋昭和時代政治家麗景殿官僚明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南弘の関連情報