南方振動(読み)なんぽうしんどう(英語表記)Southern Oscillation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南方振動
なんぽうしんどう
Southern Oscillation

熱帯太平洋上の地上気圧が数年周期で変動する現象。日付変更線付近より西側気圧が高くなるときは東側で低くなり,西側で低くなるときは東側が高くなる。気圧があたかもシーソーのように振動することから,南方振動と呼ばれる。この現象は,1923年にイギリスの気象学者ギルバート・ウォーカーによって発見された。原因は,熱帯太平洋の西側で空気が上昇し,東側で下降する大気循環(東西循環,ウォーカー循環)の強さが,数年周期で変化するためと考えられている。この振動は,エルニーニョラニーニャの交代と一致しており,エルニーニョと合わせてエンソ ENSO; El Niño/Southern Oscillationと呼ばれることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんぽう‐しんどう〔ナンパウ‐〕【南方振動】

南太平洋の東部とインドネシア付近において見られる海面気圧の変動。一方が高くなると、もう一方が低くなるという相関が見られる。エルニーニョと連動して変動することが知られるテレコネクションの一つであり、エルニーニョ南方振動(ENSO(エンソ))ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南方振動
なんぽうしんどう

低緯度地帯の海洋上の気象観測値のうち、気圧、気温、雨量の季節変化を組み合わせて求めた一つの示数。イギリスのウォーカーG. T. Walkerが提案したもので、彼によれば、南方振動は2.33年という周期を示している。彼はまた低緯度地帯の南方振動のほか北大西洋振動、北太平洋振動をも求めた。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android