コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南方振動 なんぽうしんどう Southern Oscillation

3件 の用語解説(南方振動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南方振動
なんぽうしんどう
Southern Oscillation

熱帯太平洋上の地上気圧が数年周期で変動する現象。日付変更線付近より西側で気圧が高くなるときは東側で低くなり,西側で低くなるときは東側が高くなる。気圧があたかもシーソーのように振動することから,南方振動呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんぽう‐しんどう〔ナンパウ‐〕【南方振動】

南太平洋の東部とインドネシア付近において見られる海面気圧の変動。一方が高くなると、もう一方が低くなるという相関が見られる。エルニーニョと連動して変動することが知られるテレコネクションの一つであり、エルニーニョ南方振動ENSO(エンソ))ともよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南方振動
なんぽうしんどう

低緯度地帯の海洋上の気象観測値のうち、気圧、気温、雨量の季節変化を組み合わせて求めた一つの示数。イギリスウォーカーG. T. Walkerが提案したもので、彼によれば、南方振動は2.33年という周期を示している。彼はまた低緯度地帯の南方振動のほか北大西洋振動、北太平洋振動をも求めた。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南方振動の関連キーワードインドネシアサモア語バンダ海テレコネクショントライネシアインドネシア海溝インドネシアの恋唄ウォーカー循環タマンミニインドネシアスプラトマン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南方振動の関連情報