コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南都方 なんとかた

世界大百科事典 第2版の解説

なんとかた【南都方】

雅楽用語。雅楽演奏専門家(楽人伶人楽師などと称す)の出身系統を示す名称。奈良方ともいい,奈良興福寺所属の楽人を指す。狛(こま)姓を名乗る,上(うえ),西(にし),辻(つじ),芝(しば),奥(おく),東(ひがし),窪(くぼ),久保(くぼ)の8家で構成される(15世紀以前はすべて狛姓を名乗った)。平安時代末期から宮廷での舞楽に左方舞人として出仕するなど宮廷所属楽人(京都方)との接触があった。16世紀末からは天王寺方とともに宮廷の三方楽所(さんぽうがくそ)の一翼を担うにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の南都方の言及

【狛氏】より

…旧三方楽人の一つで奈良南都方の主流。興福寺に属した宿禰(すくね)姓の雅楽家。…

※「南都方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南都方の関連キーワード三方楽人芝 葛鎮上 真行教訓鈔狛氏

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android