コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美都 みと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美都
みと

島根県西部,益田市北東部の旧町域。益田川上流域にある。 1954年東仙道村,都茂村,二川村の3村が合体して美都村が発足。 1957年町制。 2004年益田市に編入。地名は郡名の美濃と旧村名の都茂の合成。大部分は山林で,かつてはコウゾ,ミツマタを産したが,現在はユズ,シイタケ,ワサビなどの栽培が行なわれる。中心集落の都茂には『日本三代実録』にもその名が記されている古い銅山があったが,1962年に閉山。南西部の城山桜は樹齢 800年を数える古木で,これを中心に1万本のサクラの植樹を実施,サクラの名所となっている。二川では毎年 10月に「馬走り」の祭りが行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美都
みと

島根県南西部、美濃(みの)郡にあった旧町名(美都町(ちょう))。現在は益田(ますだ)市の東部を占める地区。1954年(昭和29)東仙道(ひがしせんどう)、二川(ふたかわ)、都茂(つも)の3村が合併して美都村成立、1957年町制施行。2004年(平成16)益田市に編入。旧町域は、中国山地の嶺線に近い中山間地帯に位置し、益田川が流れる。国道191号が通じ、市の中心部から自動車で約30分の距離にある。区域の約87%は山林。おもな産業は農業と林業。過疎化で集落が中心部に移転し、「通勤耕作」が行われている所もある。ユズとその加工品が特産。ワサビ・シイタケの栽培、イチゴ、メロン、ホウレンソウなどのハウス栽培、肉用牛の飼養なども行われる。古代以来の都茂鉱山は1988年に閉山。板井川流域に双川(ふたかわ)峡谷がある。[野本晃史]
『『美都町史』(1968・美都町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

美都の関連キーワード美しきチャレンジャーひみつのアッコちゃん島根県浜田市宇津井町富本 都路(3代目)私のあしながおじさん愛少女ポリアンナ物語プールに賭けた青春蘇我倉山田石川麻呂富本都路(3代)魔法少女ララベル中尾都山(1世)中尾都山(4世)テストステロン大河 百々代家なき子レミ愛してナイト島根県益田市荊楚歳時記ベルクソンブダペスト

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美都の関連情報