コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位制高校 たんいせいこうこう

4件 の用語解説(単位制高校の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たんいせいこうこう【単位制高校】

進級に必要な単位を特に定めず、規定の単位を修得すれば卒業を認めるという高校。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

単位制高校

学年による教育課程の区分を設けず、決められた単位を修得すれば卒業が認められる。88年度から定時制・通信制でまず導入され、93年度からは全日制でも設置が可能となった。文科省によると、定時制単位制高校は現在、全国に317校。博多青松は定時制に普通科と情報科学科があり、通信制の普通科も併設している。卒業までの年数はさまざまで、来年3月卒業見込みの人では、3年間が全体の62%、4年間が16%、5年間が4%。99%は中学卒業後すぐに入学するが、20歳を超えて入学する人もいる。

(2007-12-09 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

単位制高校【たんいせいこうこう】

学年ごとに課程修了を認定する学年制による規制をはずし,単位の個別取得とその累積加算により卒業資格を認定(3年以上の在学で80単位以上取得)する高等学校。特色として,入学時期・授業時間帯の多様化,既得単位の累積加算認定,科目履修生の受け入れ等がある。
→関連項目単位制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単位制高校
たんいせいこうこう

教科・科目の単位の累積加算で卒業資格を得る新タイプの高校。1985年(昭和60)6月、臨教審第一次答申で設置が打ち出され、86年に文部省(現文部科学省)が本格的な検討機関を設けた。学年の指定がないだけでなく、通学する時間も選択できる。そうした意味で単位制高校は生徒の自主性を尊重している。ただし生徒が易きに流れると高校卒のレベルを確保できない不安も残る。1993年(平成5)に制度化され、同年4月には福島県いわき市に全国で初めての全日制単位制高校が開校した。[深谷昌志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位制高校の関連キーワード学科課程教科教育学期教科課程コアカリキュラム城府を設けず別科営業職員教育試験制度奥田真丈芸術教育

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

単位制高校の関連情報