コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位制高等学校 たんいせいこうとうがっこう

2件 の用語解説(単位制高等学校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単位制高等学校
たんいせいこうとうがっこう

学年による教育課程の区分を設けず,規定単位(80単位)の修得によって卒業の資格が得られる高等学校。1985年臨時教育審議会が第1次答申において,生涯学習の観点から設置を提言。1988年に文部省定時制通信制課程の特別な形態のものとして定め,設置を認めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

単位制高等学校

進級に必要な単位を定めず、所定の単位(74単位以上を各学校で決める)を修得すれば卒業を認める高校。本来、高校は単位制が原則だが、実態として学年制になっているため制度化された。高校中退者や社会人も受け入れ、高校教育の機会拡充と生涯学習の推進を目指し、1988年度から定時制や通信制に導入された。93年度には全日制単位制高等学校も開校。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位制高等学校の関連キーワード組立単位静電単位系単位系単位格子電磁単位系土壌層位学的単位ハートリーの単位系高校の単位制度Credit

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

単位制高等学校の関連情報