コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時教育審議会 りんじきょういくしんぎかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨時教育審議会
りんじきょういくしんぎかい

教育改革を目的に設置された内閣総理大臣直属の諮問機関。略称は臨教審。1980年代から受験競争の過熱化,青少年非行の増加,校内暴力いじめ不登校などに代表される教育環境の荒廃,学歴社会の弊害などが社会問題となった。1984年に中曽根康弘首相の主導のもと,長期的展望に立った教育改革に取り組むため臨時教育審議会が設置された。文部省所轄ではなく内閣直属のかたちをとり,その委員の大部分は教育関係者以外から選ばれた。1985年から 1987年までの 3年間に 4次にわたる答申を提出し,解散した。21世紀に向けた教育のあり方を展望し,「個性重視の原則」のもと,「生涯学習体系への移行」を主軸とした教育体系の再編,「国際化,情報化等変化への対応」をうたい,従来の画一的な教育や学校中心主義的な教育からの脱却を提言した。答申に基づき,(1) 学習指導要領の全面改定,中高一貫の 6年制中等教育学校創設,新規採用教員を対象に 1年間の初任者研修制度を創設,大学入試センター試験の実施,(2) 単位制高等学校の制度化など種々の法整備,(3) 高等学校における留学制度の設置,などが具体化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

臨時教育審議会【りんじきょういくしんぎかい】

1984年に総理大臣に対して教育改革の調査審議をおこなう機関として設置された。3年の設置期間ごとに審議経過の概要を答申している。現在の文教行政の基本となる位置づけがなされ,その答申は中央教育審議会や生涯学習審議会,大学審議会,学術審議会等によってさらに具体化された答申として報告されている。
→関連項目インテリジェント・スクール学習指導要領教科書検定制度大学入試センター試験

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

臨時教育審議会の関連キーワード個性化[教育]中曽根康弘内閣学校週5日制後期中等教育中曽根内閣外国人学校中内いさお初任者研修有田 一寿教科書裁判試験制度瀬島龍三教育行政幼児教育産学協同修学旅行エリート社会教育学校建築石川忠雄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨時教育審議会の関連情報