コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時教育審議会 りんじきょういくしんぎかい

2件 の用語解説(臨時教育審議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨時教育審議会
りんじきょういくしんぎかい

教育改革を目的に設置された内閣総理大臣直属の諮問機関。略称は臨教審。1980年代から受験競争の過熱化,青少年非行の増加,校内暴力いじめ不登校などに代表される教育環境の荒廃,学歴社会の弊害などが社会問題となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

臨時教育審議会【りんじきょういくしんぎかい】

1984年に総理大臣に対して教育改革の調査審議をおこなう機関として設置された。3年の設置期間ごとに審議経過の概要を答申している。現在の文教行政の基本となる位置づけがなされ,その答申は中央教育審議会生涯学習審議会,大学審議会学術審議会等によってさらに具体化された答申として報告されている。
→関連項目インテリジェント・スクール学習指導要領教科書検定制度大学入試センター試験

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨時教育審議会の関連情報