単調(読み)たんちょう

精選版 日本国語大辞典「単調」の解説

たん‐ちょう ‥テウ【単調】

〘名〙
① (形動) 調子が単一で変化がないこと。一本調子物事に変化がとぼしく単純なこと。また、そのさま。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉「一学年の単調(タンテウ)を破る変化としても有難いものに違なかったのです」
数学で、単調増加もしくは単調減少であること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「単調」の解説

たん‐ちょう〔‐テウ〕【単調】

[名・形動]変化に乏しく、一本調子であること。また、そのさま。「単調な毎日」「単調なリズム」
[派生]たんちょうさ[名]
[類語]平板お定まりお決まり類型的・没個性的・一本調子千編一律モノトーンワンパターンマンネリステレオタイプ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android