類型的(読み)るいけいてき

精選版 日本国語大辞典「類型的」の解説

るいけい‐てき【類型的】

〘形動〙 型にはまっていて、個性特色が見られないさま。ありふれているさま。
※共産主義党派文芸を評す(1927)〈新居格〉四「ヴンドによれば、英雄及び神の時代は神や英雄のが類型的で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類型的」の解説

るいけい‐てき【類型的】

[形動]型にはまっていて、個性や特色が見られないさま。「登場人物が類型的でつまらない」「類型的な表現」
[類語]お定まりお決まり単調平板・没個性的・一本調子千編一律モノトーンワンパターンマンネリステレオタイプ平凡ありきたり凡俗ありふれる普通一般一般的尋常通常平常通例標準標準的平均的つねただ当たり前常並み世間並み十人並み月並み凡庸日常茶飯日常茶飯事平平凡凡常套決まり紋切り型芸がないノーマルレギュラースタンダード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android