一本調子(読み)イッポンチョウシ

  • いっぽんちょうし〔テウシ〕
  • いっぽんぢょうし ‥デウシ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《「いっぽんぢょうし」とも》調子が同じで、変化に乏しいこと。また、そのさま。単調。「一本調子な歌」「一本調子講義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (「いっぽんちょうし」とも) 歌の調子に抑揚、変化がないこと。転じて、文章、会話、行為などに曲折、変化が乏しいこと。また、そのさま。単調。一律。また、一本気であることをもいう。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「万事を商量するものは一本調子(イッポンデウシ)の人を羨(うらや)ましがる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

歌の調子抑揚、変化がないこと。転じて、文章会話、行為などに曲折、変化が乏しいこと。また、そのさま。単調

[使用例] 万事商量するものは一本調子の人をうらやましがる[夏目漱石*虞美人草|1907]

[解説] 「いっぽんちょうし」とも読みます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一本調子の関連情報