卜部兼永(読み)うらべ かねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

卜部兼永 うらべ-かねなが

1467-1536 戦国時代の神道家。
応仁(おうにん)元年生まれ。吉田兼倶(かねとも)の次男。平野神社の神職卜部兼緒(かねお)の養子となる。父兼倶と不仲で絶縁となり,吉田氏と対立した。大永(たいえい)3年(1523)神祇大副(じんぎのたいふ),天文(てんぶん)5年丹波権守(ごんのかみ)となるが,同年7月27日天文法華の乱で戦死。70歳。著作に「延喜式神名帳秘釈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android