コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

き【危】

あやういこと。あぶないこと。
「―を踏み険を冒すの事業にして」〈田口日本開化小史
危険物」の略号
二十八宿の一。北方の第五宿。水瓶(みずがめ)座のα(アルファ)星など三星をさす。うみやめぼし。危宿

き【危】[漢字項目]

[音](慣) [訓]あぶない あやうい あやぶむ
学習漢字]6年
あぶない。あやうい。「危機危急危険危地危篤危難安危
あやぶむ。「危惧(きぐ)
害する。そこなう。「危害
すっくと高く立つ。「危坐(きざ)危峰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやう【危】

〔「あやぶ」とも〕
暦注の十二直の一。伐木・酒造りなどに吉、旅行・登山などに凶という日。

き【危】

あぶないこと。危険。 「仮令たとい如何ばかりの-を犯し/日光山の奥 花袋
二十八宿の一。北方の星宿。危宿。うみやめぼし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

危の関連キーワードスーダン内戦とダルフール紛争キューバ革命とカストロ氏サウジの政治改革大歩危・小歩危おおなおおなカビール砂漠ザンヨウコ追ひ惑はす危坐・危座うみやめ星峙つ・聳つ率る・将る中井竹山城泉太郎石油危機危機遺産人妻児ろフォア日光山物懲り

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危の関連情報