コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

き【危】

あやういこと。あぶないこと。
「―を踏み険を冒すの事業にして」〈田口日本開化小史
危険物」の略号
二十八宿の一。北方の第五宿。水瓶(みずがめ)座のα(アルファ)星など三星をさす。うみやめぼし。危宿

き【危】[漢字項目]

[音](慣) [訓]あぶない あやうい あやぶむ
学習漢字]6年
あぶない。あやうい。「危機危急危険危地危篤危難安危
あやぶむ。「危惧(きぐ)
害する。そこなう。「危害
すっくと高く立つ。「危坐(きざ)危峰

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あやう【危】

〔「あやぶ」とも〕
暦注の十二直の一。伐木・酒造りなどに吉、旅行・登山などに凶という日。

き【危】

あぶないこと。危険。 「仮令たとい如何ばかりの-を犯し/日光山の奥 花袋
二十八宿の一。北方の星宿。危宿。うみやめぼし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

危の関連キーワード市のガイドラインによる事故の定義スーダン内戦とダルフール紛争キューバ革命とカストロ氏サウジの政治改革大歩危・小歩危カビール砂漠おおなおおな峙つ・聳つザンヨウコ追ひ惑はすうみやめ星率る・将る危坐・危座中井竹山人妻児ろ城泉太郎危機遺産石油危機近寄る日光山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

危の関連情報