禍害(読み)かがい

精選版 日本国語大辞典「禍害」の解説

か‐がい クヮ‥【禍害】

〘名〙
① 八卦忌(はっけいみ)でいう、凶方の一つ。禍の方。遊年の卦(か)の、下段の陰陽を変えたもの。例えば、遊年が離なら禍害は。犯土・造作など諸事を避けた。→八卦忌
※医心方(984)二三「産経云〈略〉天門鬼門雖吉神、而是小児禍害絶命之地故不吉」
② わざわい。災難。不幸。禍災
大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉九「残賊を誅して禍害(クヮガイ)を絶つと云ふ事」 〔韓非子‐解老〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「禍害」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「禍害」の解説

【禍害】か(くわ)がい

わざわい。〔韓非子、解老〕人~心、畏すれば、則ち行ひ端直に、行ひ端直なれば、則ち無し。無ければ、則ち天年を盡す。

字通「禍」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android