危急存亡の秋(読み)ききゅうそんぼうのとき

故事成語を知る辞典「危急存亡の秋」の解説

危急存亡の秋

危難が迫って、現在のまま存続できるか、それとも滅びてしまうかという、重大な分かれ目。

[使用例] 泣くような声を出して、日本が今、危急存亡だと知っているだろうと問い詰めて来る[大佛次郞*帰郷|1948]

[由来] 「文選」に収録された、しょかつりょう通称こうめい)の「すいの表」という文章から。三世紀、三国時代のしょく王朝宰相を務めていた諸葛亮は、長年の宿敵である王朝を打倒するために決戦に出陣するにあたって、皇帝に決意表明の文章を差し出しました。その中に、「今、天下が三つに分かれて争っている中で、我が国は疲弊しています。これは『危急存亡の秋』です」という一節があります。ここでの「秋」は、非常に重要な時期を指しています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android