いざ鎌倉(読み)イザカマクラ

  • いざ 鎌倉(かまくら)
  • いざ鎌倉(かまくら)

大辞林 第三版の解説

謡曲鉢木はちのきの故事から。鎌倉幕府に重大事が起こると御家人がそれ鎌倉へと駆けつけたことから
重大事件の起こった場合。働くべき時。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さあ一大事が起こった、の意。中世鎌倉幕府の頃、大事件が起これば諸国の武士が鎌倉に召集されたところからいう。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「是でもいざ鎌倉(カマクラ)といふ時じたばたと跂(はね)まはる役に立(たた)うか」
[補注]直接の出典としては、謡曲「鉢の木」で、佐野源左衛門常世が、宿を貸した回国の僧、実は執権北条時頼に向かって語る、「自然鎌倉に御大事あらば、〈略〉一番に馳せ参じ着到に付き」ということばが考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

一大事が起こり、とりあえず駆けつけるべき時。また、全力を尽くして働くべき時。

[使用例] ふだん飲んだくれていたってイザとなればを捨ててみせると考えたり、ふだんジメジメしていたのではいざ鎌倉という時に元気がでるものか、という考えは、我々が日常口にしやすいところである[坂口安吾真珠|1942]

[解説] 鎌倉幕府の頃、大事件が起こると、諸国武士が鎌倉にせ参じたところからいうことば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

一大事が起こり、とりあえず駆けつけるべき時。また、全力を尽くして働くべき時。

[使用例] 毎日毎日の訓練の結果を冬山へ持っていくというところは、いざ鎌倉というときに備えて、毎日訓練をつづけている軍隊の考え方と全く同じだ[新田次郎*孤高の人|1969]

[由来] 謡曲「の木」から。佐野源左衛門という落ちぶれた武士は、あるとき、旅のに「鎌倉に御大事あらば、〈〉一番に馳せ参じ」るつもりだ、と語りました。その後、実際に幕府からの緊急召集を受けて、源左衛門は真っ先に鎌倉に駆けつけます。すると、そこに待っていたのは、あの旅の僧。彼は、実は幕府の執権北条時頼で、源左衛門は褒美をいただいたのでした。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いざ鎌倉の関連情報