英彦山(読み)ひこさん

日本大百科全書(ニッポニカ)「英彦山」の解説

英彦山
ひこさん

福岡県田川郡添田(そえだ)町と大分県中津(なかつ)市とのにある火山で、標高1199メートル。おもに安山岩からなる耶馬(やば)渓溶岩台地の一部が開析されてできた英彦山火山群の主峰で、山頂部は北、中岳、南岳三峰からなり、中岳に英彦山神宮上宮がある。古くから大和(やまと)の大峰(おおみね)山、出羽(でわ)の羽黒(はぐろ)山と並ぶ山岳信仰の霊山として知られ、山伏の修験(しゅげん)場として盛時には山麓(さんろく)に3800余の坊舎が建ち並んでいたが、明治以降は神仏分離で衰退し、坊舎跡の多くは水田にかわった。国指定重要文化財の奉幣殿(ほうへいでん)、銅(かね)の鳥居、雪舟の作といわれ国の名勝に指定されている旧亀石坊(かめいしぼう)庭園などの文化財に富む一方、動植物の宝庫で、樹齢1000年を超える国指定天然記念物の鬼スギをはじめ、ブナ原生林やスギの美林に覆われて、耶馬日田(ひた)英彦山国定公園の指定を受けており、山頂からの眺望は雄大である。北東部にある鷹(たか)ノ巣山はビュート火山の奇峰で国指定天然記念物となっている。国民宿舎、青年の家、キャンプ場などの設備があり、一年を通じて北九州の手軽なレクリエーション地として行楽、参拝客が多い。国道500号が北麓を通り、九州旅客鉄道日田彦山(ひたひこさん)線彦山駅より神社下までバスで20分、山頂まで徒歩で2時間半ほどかかる。

[石黒正紀]

『田川郷土研究会編『英彦山』増補版(1978・葦書房)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「英彦山」の解説

英彦山
ひこさん

福岡県南東部の添田町と大分県中津市との境にある山。標高 1199m。「えいひこさん」「えひこさん」とも読む。新第三紀層の安山岩質の溶岩台地が開析されて形成された山で,北岳,中岳,南岳の3峰からなる。平安時代以降は山伏の修験場として繁栄した。中岳に英彦山神宮がある。ブナ,モミツガなどの原生林に覆われ,国の重要文化財の銅鳥居と奉幣殿,国の名勝の旧亀石坊庭園,国指定天然記念物の鬼スギなどがあり,冬季霧氷も有名。耶馬日田英彦山国定公園に属する。

英彦山
えいひこさん

英彦山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「英彦山」の解説

英彦山【ひこさん】

福岡・大分県境にそびえる山。標高1199m。耶馬渓火山の溶岩台地が開析されてできたメーサで,頂部は3峰に分かれ,中岳に英彦山神社がある。古代には日子山ともみえ,修験道の道場として知られる。その信仰圏は九州一円に及んだ。鬼スギ(天然記念物)などスギの巨木やモミ・ツガの原始林におおわれ,耶馬日田英彦山国定公園に属する。2005年10月に英彦山スロープカーが開業。
→関連項目犀川[町]修験道添田[町]山国[町]山国川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「英彦山」の解説

ひこ‐さん【英彦山/彦山】

福岡・大分両県にまたがる火山。標高1200メートル。奇岩で知られ、北・中・南岳の三峰からなり、中岳に英彦山神宮がある。えひこさん。

えひこ‐さん【英彦山】

ひこさん(英彦山)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源「英彦山」の解説

英彦山

(福岡県田川郡添田町・大分県中津市)
21世紀に残したい日本の自然100選」指定の観光名所。

英彦山

(福岡県田川郡添田町・大分県中津市)
日本三大修験道場」指定の観光名所。

英彦山

(福岡県田川郡添田町)
福岡県文化百選 名勝・景観編」指定の観光名所。

英彦山

(福岡県田川郡添田町)
福岡県文化百選 歴史散歩編」指定の観光名所。

英彦山

(福岡県田川郡添田町・大分県中津市)
三彦山」指定の観光名所。

英彦山

(福岡県田川郡添田町)
森林浴の森100選」指定の観光名所。

英彦山

(福岡県田川郡添田町)
日本百景」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典 第2版「英彦山」の解説

ひこさん【英彦山】

福岡県の南東部田川郡から大分県の北西部下毛郡にかけて位置する英彦山地の主峰で,標高1200m。主として新第三紀後期~第四紀の火山岩からなり,標高約800mまでは筑紫溶岩で,その上に輝石安山岩をのせている。輝石安山岩が浸食に対する抵抗が強いため,山頂部はビュート地形で3峰に分かれ,中岳には英彦山神宮が鎮座する。古くから山伏の修験道場として栄えたが,明治維新後の神仏分離により衰微し,現在では英彦山神宮の門前町的な小集落がみられるだけである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「英彦山」の解説

えいげん‐さん【英彦山】

(「英彦山」を音読したもの) =ひこさん(英彦山)

えひこ‐さん【英彦山】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android