コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那谷寺 ナタデラ

デジタル大辞泉プラスの解説

那谷寺(なたでら)

石川県小松市にある寺院。717年創建。高野山真言宗別格本山。本尊は十一面千手観音。寺院茶庭、琉美園は紅葉の名所として知られ、国の名勝に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

なたでら【那谷寺】

石川県小松市那谷町にある高野山真言宗の寺。山号、自生山。越智山の泰澄が開基し、岩屋寺と命名。のち花山法皇が、紀伊の那智寺と美濃の谷汲寺から一字ずつとって現名に改称。那谷観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那谷寺
なたでら

石川県小松市那谷町の山中にある高野山真言(こうやさんしんごん)宗の寺。自生山と号し、俗に那谷観音(かんのん)堂という。本尊は千手(せんじゅ)観音。717年(養老1)泰澄(たいちょう)が千手観音像をつくって安置し、岩屋寺と称したが、1006年(寛弘3)花山(かざん)法皇が行幸して観音三十三身の姿を見、西国三十三所の第一番那智(なち)山(和歌山県、青岸渡寺)と第33番谷汲(たにぐみ)寺(岐阜県)の名をとって那谷寺と改め、如意輪観音像を納めて勅願所とした。のち焼失したが、1640年(寛永17)加賀藩主前田利常(としつね)が諸堂を復興し、現に本堂、三重塔、護摩堂、鐘楼、書院および庫裏(くり)(以上、国重要文化財)などがある。境内は景勝の地にあり、国名勝の庫裡(くり)庭園のほか、花山天皇菩提(ぼだい)塚、芭蕉(ばしょう)塚などがある。[勝又俊教]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

那谷寺の関連キーワード石川県小松市那谷町那谷寺通夜物語おくのほそ道石川県小松市大聖寺一揆小松(市)加賀温泉郷即伝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那谷寺の関連情報