原コウ子(読み)はら コウこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原コウ子 はら-コウこ

1896-1988 大正-昭和時代の俳人。
明治29年1月15日生まれ。「ホトトギス」に投句して原石鼎(せきてい)の指導をうけ,大正7年石鼎と結婚。夫が主宰する「鹿火屋(かびや)」を編集,昭和26年夫の没後「鹿火屋」を主宰した。昭和63年6月25日死去。92歳。大阪出身。泉南高女卒。旧姓は志賀。本名はコウ。旧号は早茅子(さちこ)。句集に「昼顔」「胡卉」など。
【格言など】生も死も尊うとき我に石鼎忌(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android