コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原コウ子 はら コウこ

1件 の用語解説(原コウ子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原コウ子 はら-コウこ

1896-1988 大正-昭和時代の俳人。
明治29年1月15日生まれ。「ホトトギス」に投句して原石鼎(せきてい)の指導をうけ,大正7年石鼎と結婚。夫が主宰する「鹿火屋(かびや)」を編集,昭和26年夫の没後「鹿火屋」を主宰した。昭和63年6月25日死去。92歳。大阪出身。泉南高女卒。旧姓は志賀。本名はコウ。旧号は早茅子(さちこ)。句集に「昼顔」「胡卉」など。
【格言など】生も死も尊うとき我に石鼎忌(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原コウ子の関連キーワード深刻小説竹下登内閣板場真二オリンピック香西かおり北山雅康仮面ライダーBlack青い山脈宇高航路済州島事件

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone