コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原石鼎 はら せきてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原石鼎 はら-せきてい

1886-1951 大正-昭和時代の俳人。
明治19年3月19日生まれ。家は代々医師。高浜虚子(きょし)にみとめられ,大正4年上京してホトトギス社にはいる。10年「鹿火屋(かびや)」を創刊,主宰。飯田蛇笏(だこつ)らと大正俳壇で活躍した。昭和26年12月20日死去。65歳。島根県出身。京都医専中退。本名は鼎(かなえ)。句集に「花影(かえい)」など。
【格言など】白魚の小さき顔をもてりけり(「原石鼎句集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はらせきてい【原石鼎】

1886‐1951(明治19‐昭和26)
俳人。島根県生れ。本名鼎(かなえ)。京都医専に学ぶなど家業の医を志したが挫折,転々と職をかえ,1912年次兄に従い奥吉野で医業を手伝いつつ俳句に専念した。吉野の風物を鋭敏な感性と高朗な調べによって印象鮮明に格調高くうたい上げ,大正初期の《ホトトギス》に登場,村上鬼城渡辺水巴飯田蛇笏前田普羅と共に《ホトトギス》の主観尊重の一時期を画した。13年吉野を出て再び放浪生活に入ったが,17年《東京日日新聞》俳句欄を担当,放浪生活に終止符を打った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原石鼎
はらせきてい

[生]1886.6.1. 島根,塩冶
[没]1951.12.20. 神奈川
俳人。本名,鼎 (かなえ) 。京都医学専門学校を中退して 1910年上京,高浜虚子に入門。吉野の山中で医師の次兄と暮したいわゆる深吉野 (みよしの) 時代 (1913) の秀作により,渡辺水巴,飯田蛇笏,前田普羅らと並ぶ存在となり,以後豊かな感性と高朗な調子をもつ平明な句風で精力的に活躍した。 21年以降俳誌『鹿火野 (かびや) 』を主宰。句集『花影 (かえい) 』 (37) ,『石鼎句集』 (48) ,『深吉野』 (64) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原石鼎
はらせきてい
(1886―1951)

俳人。島根県塩冶(えんや)村(現出雲(いずも)市)に生まれる。本名鼎(かなえ)。中学時代より歌や俳句をつくり、家業の医を継ごうと京都医学専門学校に学んだが中退して上京し、高浜虚子(きょし)を頼って新聞記者になろうとしたが帰郷を勧められ、吉野山中で兄の医業を手伝う。吉野の自然、人情を詠んだ豪華で強い調子の句が虚子に認められ、大正初頭の『ホトトギス』を飾った。いったん帰郷したが流浪の生活を送り1915年(大正4)上京。ホトトギス社に入り、21年から『鹿火屋(かびや)』を発行主宰。23年ごろから健康を害して神奈川県二宮(にのみや)に隠棲(いんせい)した。句集は『花影(かえい)』(1937)、『定本石鼎句集』(1968)など。[伊澤元美]
 花影(かえい)婆娑(ばさ)と踏むべくありぬ岨(そば)の月
 淋(さび)しさにまた銅鑼(どら)打つや鹿火屋守
『『現代日本文学大系95 現代句集』(1973・筑摩書房) ▽小室善弘著『俳人原石鼎』(1973・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

原石鼎の関連キーワードホトトギス(俳句雑誌)俳句(文学)太田 耳動子市川 一男原 コウ子三橋 鷹女石井 庄司3月19日永田 耕衣大浦 蟻王栄螺・拳螺富田木歩原 石鼎三橋鷹女原コウ子原 裕石鼎忌漫ろ寒野菊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android