コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原口統三 はらぐち とうぞう

1件 の用語解説(原口統三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原口統三 はらぐち-とうぞう

1927-1946 昭和時代の詩人。
昭和2年1月14日朝鮮京城生まれ。大連第一中学をへて一高文科に入学。ランボーに心酔し,詩をかく。3年に在学中,純潔をたもつために死をえらび,昭和21年10月25日逗子(ずし)の海に入水(じゅすい)した。20歳。遺著に「二十歳のエチュード」。清岡卓行(きよおか-たかゆき)の「海の瞳(ひとみ)」は原口をモデルにした小説。
【格言など】僕の悲しい信条はこうだ。「真実は嘘によって磨かれ鍛えられる」(「二十歳のエチュード」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原口統三の関連キーワード日活(株)イタリア映画新日本文学戦争放棄イギリス映画戦争文学都市対抗野球キネマ旬報高校野球新聞小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原口統三の関連情報