原口統三(読み)はらぐち とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原口統三 はらぐち-とうぞう

1927-1946 昭和時代の詩人。
昭和2年1月14日朝鮮京城生まれ。大連第一中学をへて一高文科に入学。ランボーに心酔し,詩をかく。3年に在学中,純潔をたもつために死をえらび,昭和21年10月25日逗子(ずし)の海に入水(じゅすい)した。20歳。遺著に「二十歳のエチュード」。清岡卓行(きよおか-たかゆき)の「海の瞳(ひとみ)」は原口をモデルにした小説。
【格言など】僕の悲しい信条はこうだ。「真実は嘘によって磨かれ鍛えられる」(「二十歳エチュード」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android