コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原口鶴子 はらぐち つるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原口鶴子 はらぐち-つるこ

1886-1915 大正時代の心理学者。
明治19年6月18日生まれ。日本女子大を卒業して明治40年渡米し,コロンビア大でソーンダイクらに実験心理学などをまなび学位をとる。大正元年帰国して母校の教壇にたつが,病気のため4年9月26日死去。30歳。群馬県出身。旧姓は新井。著作に「心的作業及び疲労の研究」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

原口鶴子

没年:大正4.9.26(1915)
生年:明治19.6.18(1886)
大正期の心理学者。群馬県富岡市に生まれる。豪農新井広三郎とたねの次女。群馬県立高等女学校を経て日本女子大学校英文科入学。在学中に心理学者松本亦太郎の影響を受け,卒業後明治40(1907)年米国コロンビア大学に留学。1912年日本女性初のPh.D.の称号を得る。同年留学生仲間の原口竹次郎と結婚。帰国後,留学中に感染した結核と闘いながら2児を生み育て,夫の協力のもと学位論文を完成させた。その間にも講演,執筆と目ざましい活動を続けたが30歳で死去。著書に『心的作業及び疲労の研究』『楽しき思ひ出』などがある。<参考文献>荻野いずみ『原口鶴子』,青木生子『近代史を拓いた女性達』

(中井良子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

原口鶴子の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android