コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始太陽系円盤 ゲンシタイヨウケイエンバン

デジタル大辞泉の解説

げんしたいようけい‐えんばん〔ゲンシタイヤウケイヱンバン〕【原始太陽系円盤】

太陽系天体誕生の前段階にあったとされる太陽周囲の濃いガスと塵(ちり)からなる円盤。原始星円盤の名残であり、円盤の中では直径10キロメートル程度の微惑星が形成され、衝突や合体を繰り返して原始惑星惑星に進化したと考えられている。現在の小惑星帯よりも内側では岩石や金属などの比率が高い地球型惑星が作られ、外側では質量が大きくガスの比率が高い木星型惑星ができ、外縁部には微惑星などが太陽系外縁天体としてそのまま残ったとされる。また、他の恒星の惑星系の場合は原始惑星系円盤と呼ばれる。原始太陽系星雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

原始太陽系円盤の関連キーワード惑星(天体)太陽系の起源太陽系準惑星