コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子価論 げんしかろんtheory of valence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子価論
げんしかろん
theory of valence

原子価の構成理論。量子力学に基づくハイトラー=ロンドンの理論を基本に,J.スレーターや L.C.ポーリングによってこの理論は発展し,原子価結合法と呼ばれる理論体系がつくられた。一方では F.フントや R.S.マリケンらによって提唱された分子軌道法が多原子分子に応用された。歴史的には J.ベルセーリウスの二元論,J.B.A.デュマの一元論,F.A.ケクレによる結合の手の理論,さらに A.ウェルナーの配位説が提出されており,20世紀になって電子構造に注目した G.N.ルイス,I.ラングミュア八隅説が登場した。これらは現在の波動方程式を応用した原子価論の基礎となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

原子価論の関連キーワードスティーグリッツシジウィックハイトラーアベック