コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田直政 はらだなおまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原田直政
はらだなおまさ

[生]?
[没]天正4(1576).5.4. 摂津
安土桃山時代の武将。通称,九郎左衛門初名塙重友織田信長に仕え,帰趨のはっきりしない筒井順慶らの大和の国衆鎮撫,組織化に力を尽した。天正3 (1575) 年原田姓に改め,石山本願寺攻めで戦死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田直政 はらだ-なおまさ

?-1576 戦国-織豊時代の武将。
織田信長につかえる。天正(てんしょう)2年山城守護となり,3年大和守護をかね,原田姓をあたえられた。4年大坂石山本願寺攻めに明智光秀らとくわわったが,5月3日摂津三津寺(みつでら)(大阪府)で戦死した。本姓は塙(ばん)。初名は重友。通称は九郎左衛門。別名に長俊

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はらだなおまさ【原田直政】

?‐1576(天正4)
戦国時代の武将。初め塙(はのう)九郎左衛門尉と称した。織田信長の部将。元亀年間(1570‐73)京都の施政に当たり,73年には村井貞勝とともに使者として将軍足利義昭諫言のことにあたった。75年原田姓を与えられ,備中守に任じ,越前征伐に従軍,翌年大坂石山の本願寺を攻めたが5月三津(みつ)寺の戦で戦死した。【岩沢 愿彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

原田直政の関連キーワード原田長俊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android