コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参候祭 さんぞろまつり

2件 の用語解説(参候祭の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さんぞろまつり【参候祭】

愛知県設楽したら町の津島神社の祭り。11月17日頃に行われる。湯立の場へ七福神などがあらわれて禰宜ねぎとの問答があり、その名乗りが祭りの名になった。室町時代に始まるという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぞろまつり【参候祭】

民俗芸能。湯立(ゆだて)を中心とした芸能で,愛知県北設楽(きたしたら)郡設楽町三都橋(みつはし)の津島神社で,11月17日に近い土・日曜に演じられる。舞場中央に湯釜を据え,釜のまわりで稚児舞・不動舞・恵比須舞毘沙門舞・太平楽大黒天舞・弁財天舞・駒・寿老人・布袋(ほてい)・福禄寿・殿面の舞・獅子舞などが舞われる。祭りの名称は出現する七福神が禰宜(ねぎ)との問答の冒頭で〈何者にて候〉と問うと,〈さん候 それがしは……〉と答えることから名付けられたもので,この形式は古い能や,東北地方山伏神楽(やまぶしかぐら),中国地方の古式を残す神楽などに伝えられており,中世芸能の面影を残すものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone