コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参加の文学 さんかのぶんがく littérature d'engagement

1件 の用語解説(参加の文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参加の文学
さんかのぶんがく
littérature d'engagement

サルトル実存主義作家の唱える文学。「参加 (アンガージュマン) 」とは,政治,社会,思想上の対立,抗争に際して自分の立場を明確にし,発言や行動の結果に対する責任を引受ける態度をいう。ことに作家,芸術家やその作品についてこの態度が問題とされるのは,彼らの活動が社会的に大きな影響力をもち,その作品が必然的になんらかのイデオロギーを助長する結果を生じるからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参加の文学の関連キーワードボーボアール実存哲学ボーボワールラクスネス伊吹武彦白井健三郎白井浩司松浪信三郎アレクシ実存主義的無神論