コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双峰宗源 そうほう そうげん

1件 の用語解説(双峰宗源の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

双峰宗源 そうほう-そうげん

1263-1335 鎌倉時代の僧。
弘長(こうちょう)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺の円爾(えんに)に師事し,その法をつぐ。のち鎌倉で無学祖元,大休正念らにまなぶ。筑前(ちくぜん)(福岡県)崇福寺,東福寺をへて,元亨(げんこう)元年南禅寺住持となる。建武(けんむ)2年11月22日死去。73歳。筑前出身。法名ははじめ逢源。諡号(しごう)は双峰国師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

双峰宗源の関連キーワード西園寺公宗諏訪頼重護良親王白旗城公示地価詠歌一体西使記大乗寺冷泉為相チェンライ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone