コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双石山 ボロイシヤマ

デジタル大辞泉の解説

ぼろいし‐やま【双石山】

宮崎県南東部、宮崎市南部にある山。鵜戸(うど)山地最北端に位置する。標高509メートル。南東部には加江田(かえだ)渓谷が流れ、国指定天然記念物の照葉樹自然林が残されている。県自然休養林にも指定されている。ハイキング・キャンプ場としてにぎわう。名の由来は、砂岩層の表面が風化してぼろぼろと欠落することから。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕双石山(ぼろいしやま)


宮崎市南部、鰐塚(わにつか)山地の北東部にある山。標高509m。砂岩・礫岩(れきがん)の峻峰(しゅんぽう)が連なる。カシ・シイ・タブノキなどの照葉樹林におおわれ、約64haが天然保護区域に指定される。哺乳(ほにゅう)動物のヤマネやミカドアゲハが生息。東方の加江田(かえだ)渓谷とともに自然休養林に指定。ハイキング・キャンプなど宮崎市民の行楽地

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双石山
ぼろいしやま

宮崎市南部、鵜戸(うど)山地の最北端にある山。標高509メートル。北部から南西部は200メートルに達する急崖(きゅうがい)をなし、東部はなだらかに傾斜している。地層は第三紀の宮崎層群とよばれる砂岩、泥岩の互層で、青島(あおしま)と共通する。南東部は加江田(かえだ)渓谷が流れ、照葉樹の自然林(国指定天然記念物)が残されている。双石山と加江田渓谷は自然休養林の指定を受けて、ハイキング、キャンプなどで訪れる人が多い。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

双石山の関連キーワード安井息軒旧宅ミカドアゲハ宮崎(市)照葉樹林ヤマネ礫岩峻峰

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android