コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双石山 ボロイシヤマ

3件 の用語解説(双石山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼろいし‐やま【双石山】

宮崎県南東部、宮崎市南部にある山。鵜戸(うど)山地最北端に位置する。標高509メートル。南東部には加江田(かえだ)渓谷が流れ、国指定天然記念物の照葉樹自然林が残されている。県自然休養林にも指定されている。ハイキングキャンプ場としてにぎわう。名の由来は、砂岩層の表面が風化してぼろぼろと欠落することから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕双石山(ぼろいしやま)


宮崎市南部、鰐塚(わにつか)山地の北東部にある山。標高509m。砂岩・礫岩(れきがん)の峻峰(しゅんぽう)が連なる。カシ・シイ・タブノキなどの照葉樹林におおわれ、約64haが天然保護区域に指定される。哺乳(ほにゅう)動物のヤマネやミカドアゲハが生息。東方の加江田(かえだ)渓谷とともに自然休養林に指定。ハイキング・キャンプなど宮崎市民の行楽地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双石山
ぼろいしやま

宮崎市南部、鵜戸(うど)山地の最北端にある山。標高509メートル。北部から南西部は200メートルに達する急崖(きゅうがい)をなし、東部はなだらかに傾斜している。地層は第三紀の宮崎層群とよばれる砂岩、泥岩の互層で、青島(あおしま)と共通する。南東部は加江田(かえだ)渓谷が流れ、照葉樹の自然林(国指定天然記念物)が残されている。双石山と加江田渓谷は自然休養林の指定を受けて、ハイキング、キャンプなどで訪れる人が多い。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双石山の関連キーワード都井岬宮崎市モルバン山地鰐塚山地堀切峠宮崎県立看護大学宮崎空港宮崎市民文化ホール北郷[町]日南[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双石山の関連情報