コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼろぼろ ボロボロ

デジタル大辞泉の解説

ぼろ‐ぼろ

[副](スル)
粒状の物がこぼれ落ちるさま。「飯粒をぼろぼろ(と)こぼす」「大粒の涙をぼろぼろ(と)こぼす」
もろく崩れたり、砕けたりするさま。「この岩はすぐぼろぼろ(と)砕ける」
水分や粘りけがなく、ばらばらになっているさま。「ぼろぼろ(と)した冷や飯」
知られていなかった事実が次々と表に出るさま。「余罪がぼろぼろ出てくる」
[形動]
ひどくいたんでいるさま。「ぼろぼろな本」「ぼろぼろな社屋」
水分がなく、ばらばらであるさま。「乾いてぼろぼろになったパン」
心身とも疲れきっているさま。「身も心もぼろぼろだ」
[アクセント]ロボロ、はボロボロ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼろぼろ

[1] ( 副 )
粒状の物が次々とこぼれ落ちるさま。ぽろぽろ。 「ごはんを-(と)こぼす」 「 -(と)涙を流す」 「 -(と)脱落者が出る」
水分や粘りけがなく、もろく砕けるさま。ぽろぽろ。 「壁が-(と)くずれる」 「 -(と)したごはん」
(比喩的に)隠されていた事実やうそなどが、次から次へと露見するさまにもいう。ぽろぽろ。 「過去の悪事が-(と)明るみに出る」
[0] ( 形動 )
物がひどく破れたり壊れたりしているさま。 「 -の洋服」 「使い古して-になった辞書」 「 -な家屋」
(転じて)心身が疲れ切ったり、また、ひどく老いさらばえたさま。 「身も心も-になった」
に同じ。 「固くて-になったごはん」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぼろぼろの関連キーワード徳島県吉野川市美郷小竹糞土の牆は杇るべからずやふぁらじゅうしいウルシグサ(漆草)国破れて山河ありシャビールック火山礫質火山灰硫ヒ(砒)銅鉱壚土・惚け土剥蝕・剝蝕じゅうしい九品の念仏梵論・暮露アクセント内藤やす子弊衣・敝衣暮露々々団はらめくずたぼろぽろぽろ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぼろぼろの関連情報