コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反古座 ほうぐざ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうぐざ【反古座】

すきかえし用の反古紙を商った中世商人の座。すきかえし紙である宿紙(しゆくし)は,綸旨・補任状などの用紙として朝廷で用いられ,律令制以来図書寮(ずしよりよう)の管掌するところであった。この宿紙を扱う座を宿紙上下座といい,上座は図書寮に所属する紙工が座をなしたもので,栂井氏の支配下にあった。下座は紙の需要が増大したことにより,室町期に商品生産に応じて生まれた新しい座である。上座・下座では宿紙のほかに続紙,御幣紙,緑紙,黄紙などをつくり,公事として貢納している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android