コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反歯 そっぱ

世界大百科事典 第2版の解説

そっぱ【反歯】

出歯ともいう。上下の前歯の前後的なすきまが7~8mm以上あるようなかみ合せの不正状態をいう。歯科学用語では上顎前突upper protrusionと称し,その成因から5類に分けられる。(1)上顎の前歯が正常より前方に位置していたり,前方に傾斜している場合 顔貌上の特徴は,上顎の前突感が著しい。(2)下顎の前歯が正常より内方に位置している場合 顔貌上の特徴は,上顎の前突感はないが,下口唇が陥凹している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の反歯の言及

【歯】より

…これもあごと歯の退化が下あごにより顕著に起こった結果である。日本人では上の前歯が前下方に突出する〈反歯(そつぱ)〉が多く,とりわけ鎌倉時代ころからみられた。能面の多くが,開いた口に上の歯列を見せている。…

※「反歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反歯の関連キーワード歯列矯正不正咬合

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android