コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反魂草 ハンゴンソウ

デジタル大辞泉の解説

はんごん‐そう〔‐サウ〕【反魂草】

キク科の多年草。中部地方以北の深山自生。高さ1~2メートル。茎はやや紫色を帯び、葉は羽状に深く裂けている。7~9月、多数の黄色い頭状花を開く。若芽食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんごんそう【反魂草】

キク科の大形多年草。深山に生える。茎は直立し、高さ約1.5メートル。葉は羽状に三~五裂する。夏、茎頂に径約2センチメートルの頭状花を多数つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

反魂草 (ハンゴンソウ)

植物。ナス科の一年草,薬用植物。タバコの別称

反魂草 (ハンゴンソウ)

学名:Senecio cannabifolius
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

反魂草の関連キーワードハンゴンソウ藍漆

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android