コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印紙納付 いんしのうふ

1件 の用語解説(印紙納付の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印紙納付
いんしのうふ

法令で特定された租税について収入印紙または他の特定の印紙で納付するものをいう。この印紙納付によって収納される国の一般会計歳入金を印紙収入という。国税である印紙税 (収入印紙に限る) ,登録免許税などや地方税 (自動車税,狩猟免許税,入猟税軽自動車税) で印紙納付を認められたもの,また各省庁の長が特定する手数料,罰金,過料,科料,刑事追徴金訴訟費用などは印紙納付が認められるが,この場合は収入印紙を用いなければならないとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印紙納付の関連キーワード租税法収入印紙印紙所済法令違憲登記印紙過怠税財政統計租税及び印紙収入額調べ《租税について》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone