コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受(け)将棋 ウケショウギ

デジタル大辞泉の解説

うけ‐しょうぎ〔‐シヤウギ〕【受(け)将棋】

遊戯の一。将棋の駒を数人に分配し、中の一人が一つの駒を出して、同じ駒を持っている人がいないときは別の駒を出す。出された駒を他の人が持っていて出したときはその人が次の駒を出し、早く駒を出しきった人が勝ちとなる。
守勢にまわった将棋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

受(け)将棋の関連キーワード遊戯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android