古典語(読み)コテンゴ

大辞林 第三版の解説

こてんご【古典語】

古典に用いられた言葉。日本では、明治以前の文学作品に用いられている言葉や言い方。
その国の現在の文化に大きな影響をもつ古い文化をになう語。ヨーロッパにおけるギリシャ語・ラテン語など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こてん‐ご【古典語】

〘名〙
① その国の文化に大きな影響を持つ古い文化の言語。ヨーロッパにおけるギリシア語・ラテン語、インドにおけるサンスクリット語など。
※漢文必修などと(1952)〈桑原武夫〉「困難な古典語を習得する時間のわりふりがつかぬこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古典語の関連情報