コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典語 コテンゴ

デジタル大辞泉の解説

こてん‐ご【古典語】

明治以前の古典に用いられている語で、現代では一般には用いられないか、または意義に変化のある語。古語。
古く存在した言語で、現在の文化に至る影響をもつもの。特にヨーロッパで、その文化の基調をなすものとしてのギリシャ語ラテン語をさす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こてんご【古典語】

古典に用いられた言葉。日本では、明治以前の文学作品に用いられている言葉や言い方。
その国の現在の文化に大きな影響をもつ古い文化をになう語。ヨーロッパにおけるギリシャ語・ラテン語など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古典語の関連キーワードピーコック(Thomas Love Peacock)フィッセル マリナス・ウィレム・デキャロリン・ジェーン チェリイコレージュ・ド・フランスグアリーノ・ダ・ベローナオーベルレアルシューレライツェンシュタインヨハネス ロイヒリンビディヤーパティフォティアディスアルドロバンディケンブリッジ大学シャフツベリー伯ド・フォーゲルビルデルデイクファウスト博士ミントゥルノハマーリングカステリヨンシュレーゲル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古典語の関連情報