コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古写経 コシャキョウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐しゃきょう〔‐シヤキヤウ〕【古写経】

古い時代に書写した経文。主に室町時代以前のものをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

古写経

古代に行われた写経と書写された経典.おそらく6世紀,日本列島に仏教が伝えられて以来,仏典は繰り返し書写された.それが国家的プロジェクトとして取り組まれたのは,7世紀,天武朝川原寺での一切経の写経を嚆矢とするといわれる.その事業は奈良時代に受け継がれ,光明皇后のために作られた写経所を出発点として,造東大寺司写経所に至って整備され,大規模に写経が行われ,制作された経典は数多くの寺院や貴族に所蔵された.これ以外にも,私的にまた各地で写経は行われた.やがて宋から刊本が輸入されるようになると,写経は次第に行われなくなるが,平家納経に見られるように,貴族が信仰のために写経する風習は長く続いた.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

古写経の関連キーワードふろしき(風呂敷)裲襠(りょうとう)扇面法華経冊子大正新修大蔵経高野山(寺院)田中 塊堂佐野美術館矢吹 慶輝五島美術館植村和堂田中塊堂ネパール引目鉤鼻大蔵経扇面画橘瑞超西福寺棚∥店金剛寺賢愚経

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古写経の関連情報