コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史弁自序 こしべんじじょGu-shi-bian zi-xu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古史弁自序
こしべんじじょ
Gu-shi-bian zi-xu

1926年第1冊刊行以降,41年に第7冊が刊行されるまで,15年の歳月をかけて出版された中国古代史に関する研究論文集『古史弁』の冒頭にある顧頡剛 (こけつごう) の筆に成る序文のこと。たゆみない探究心に貫かれた顧頡剛の学問的遍歴と当時の学界の様子を語ったものとして著名で,邦訳,英訳もある。中国で伝統的に信じられてきた三皇,五帝などの古代史は戦国時代以後の人たちによってつくられた説話であると考える立場を取る彼が,その説話の成立過程を分析する方法を身につけるまでに受けたさまざまな学的影響の諸相が,余すところなく語られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古史弁自序の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎伊藤大輔

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android