コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史弁自序 こしべんじじょ Gu-shi-bian zi-xu

1件 の用語解説(古史弁自序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古史弁自序
こしべんじじょ
Gu-shi-bian zi-xu

1926年第1冊刊行以降,41年に第7冊が刊行されるまで,15年の歳月をかけて出版された中国古代史に関する研究論文集『古史弁』の冒頭にある顧頡剛 (こけつごう) の筆に成る序文のこと。たゆみない探究心に貫かれた顧頡剛の学問的遍歴と当時の学界の様子を語ったものとして著名で,邦訳,英訳もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古史弁自序の関連キーワード死霊故実叢書ことばの泉天草の死戦/人間の剣 江戸編1ノンタン本能寺の首/人間の剣 戦国編17つごねずみシリーズNO.6日本経済大典