コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧頡剛 こけつごう Gu Jie-gang

6件 の用語解説(顧頡剛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顧頡剛
こけつごう
Gu Jie-gang

[生]光緒19(1893).江蘇,蘇州
[没]1980.12.25. 北京
中国の歴史学者。北京大学に学んだのち厦門,北京,燕京各大学の教授を歴任。 1949年以後中国科学院歴史研究所に所属。燕京大学では地理・民俗関係の雑誌として知られる『禹貢』を責任編集。古文献を民俗学的方法で分析する独自の分野を開拓。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐けつごう〔‐ケツガウ〕【顧頡剛】

[1893~1981]中国の歴史学者。蘇州(江蘇省)の人。論文集「古史弁」を編集して、中国古代史学に大きな影響を与えた。その自序が自叙伝として有名。クー=チエカン。

クー‐チエカン【顧頡剛】

こけつごう(顧頡剛)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

顧頡剛【こけつごう】

中国の歴史家。蘇州の人。《古史弁》の編著や史学雑誌《禹貢(うこう)半月刊》の編集を通じ,古代史の文献学的解釈に民間の歌謡・説話の考究結果を導入し,新傾向を開いた。
→関連項目銭玄同

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こけつごう【顧頡剛 Gù Jié gāng】

1893‐1981
中国,現代の歴史学者。蘇州の人。1920年に北京大学を卒業後,厦門(アモイ)大学,中山大学,燕京大学,北京大学等の各教授や北平研究院の歴史組主任を歴任,また民俗学会,禹貢学会,辺疆研究会等を創設主宰し,《燕京学報》や《禹貢半月刊》《辺疆周刊》《大衆知識》《文史雑誌》等の主編となって活躍した。解放後は中国科学院歴史研究所の研究員となり,《資治通鑑》や《二十四史》の校定や句読の仕事に従事し,両書の定本作成に大きな足跡を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顧頡剛
こけつごう / クーチエカン
(1893―1981)

中国の古代史学者。蘇州(そしゅう/スーチョウ)(江蘇(こうそ/チヤンスー)省)の人。北京(ペキン)大学でアメリカ帰りの胡適(こてき/フーシー)に心服し、師弟としての学問的交流のなかから、非科学的な従来の中国古代史を打破しようとする姿勢(疑古派)が生まれ、『古史辨(こしべん)』(全7冊)を出版した。とくに第1冊(1926)所収の「自叙」は、民族の危機の時代に誠実に生きた一研究者としての学問的遍歴の文章として多大の感銘を与え、日本語・英語にも翻訳されている。1929年に北京大学教授に迎えられてからは、論文「五徳終始説下の政治と歴史」を発表し秦漢(しんかん)時代の思想史に光をあてるとともに、歴史地理学雑誌『禹貢(うこう)』をも編集。1949年、中華人民共和国成立後は胡適批判を行い、また『資治通鑑(しじつがん)』および「二十四史」の校定作業の責任を負った。これらの成果は古典の定本として裨益(ひえき)すること多大なものがある。[春日井明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の顧頡剛の言及

【禹貢】より

…1934年3月1日創刊,半月に1冊発行され,日中戦争開始直後の37年7月の7巻10期まで続いた。燕京大学の顧頡剛(こけつごう),輔仁大学の譚其驤(たんきじよう)が中心となり,この雑誌に実証的な論文を寄せるとともに,禹貢学派という学派を形成し,中国の地理沿革史,歴史地図,地名辞典の作成を目ざし,大きな影響を与えた。谷霽光(こくせいこう),史念海,聶崇岐(じようすうき)ら多くの学者を生んだ。…

【偽書】より

…この《尚書》のテキストが唐代以降公認されて広く行われるのであるが,実は付加された篇と注釈とが偽造であることが知られるのは明・清時代になってからである。近代精神の発達とともに弁偽の学も発達し,すでに明の胡応麟に《四部正偽》といった著述があるが,学問の方法として弁偽の姿勢を強くおしだしたのは,民国初年の顧頡剛ら《古史弁》によった擬古派の一派であった。偽文書【小南 一郎】
[東西偽書奇聞]
 著者名や書名をいつわり,偽造・贋造された書物は〈偽書pseudograph〉と呼ばれ,別種の関心が払われる。…

【古史弁】より

…中国,顧頡剛(こけつごう)の編著書。一部羅根沢らの編著を含む。…

【国故整理運動】より

…第2は,おなじく胡適による《西遊記》《水滸伝》《紅楼夢》など元・明・清の古典小説の整理考証,また周作人らの北京大学歌謡研究会がおこなった民間に伝わる故事伝説歌謡などフォークロアの収集といった文学的研究。第3は,銭玄同や《古史弁》全7冊の著者顧頡剛(こけつごう)ら疑古派と称された人々によってなされた,伝統的歴史に対する批判精神にあふれる実証的な歴史研究。そして第4は,劉師培,張煊ら保守的学者が19年に発刊した雑誌《国故月刊》に色濃くみられる,白話(口語)文の流行,五・四新文化運動への心情的反発を主要な動機とする中国の伝統文化顕彰の作業――である。…

【孟姜女】より

…しかし民間伝説,歌謡として独自に発展してゆく様相は,敦煌曲子,明代の戯曲や宝巻,清の鼓詞・子弟書などを通してうかがわれ,現在も民間伝説や歌謡の素材となって,漢族のみならずチワン(壮)族など少数民族のあいだにも伝播している。この孟姜女伝説の研究は,顧頡剛(こけつごう)らが中心となって行った中国民間文学研究の主要なテーマの一つであった。歴代の孟姜女伝説に取材した民間文学作品については,《孟姜女万里尋夫集》を見るのが便利である。…

※「顧頡剛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

顧頡剛の関連キーワード繹史司馬光ベルンハイム歴史学史学ねず まさし野原四郎夫馬進増井経夫翦伯賛

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone