三皇(読み)サンコウ

占い用語集の解説

三皇

様々な説があるが、「神農」・「伏羲」・「女媧」を指す。「神農」は頭が牛で身体は人間の姿をしていたとされ、農業の神、または火を人々に与えたという説から「炎帝」とも呼ばれる。「伏羲」と「女媧」は夫婦であり、半身反蛇(頭が人間、身体が蛇)の姿をしていたといわれる。二人の絡み合う姿は漢時代の壁画にも描かれ、信仰の対象になっていた。そしてここから「陰」と「陽」の陰陽思想が生まれたともいわれる。また「女媧」が土を捏ねて人間を作ったという伝説もある。(「風俗通義」より)

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

さんこう【三皇】

古代中国の伝説上の三人の皇帝。伏羲ふつき・神農・女媧じよか。また、天皇てんこう・地皇・人皇などとも。

さんのう【三皇】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐こう ‥クヮウ【三皇】

〘名〙
① 中国古代の伝説上の三人の聖なる帝王。伏羲(ふっき)・女媧(じょか)・神農(しんのう)。あるいは、伏羲・神農・黄帝、または天皇氏・地皇氏・人皇氏などともいう。→三皇五帝
※菅家文草(900頃)七・未旦求衣賦「懿乎四三皇五帝」 〔列子‐楊朱〕
② 三人の天皇
※曾我物語(南北朝頃)二「その垂迹三所に、仲哀・神功・応神三くゎうの玉体也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三皇の言及

【三皇五帝】より

…中国古代伝説上の8人の帝王の総称。三皇と五帝に分かれる。戦国時代末に,伝説的な帝王を3人あるいは5人にまとめる考えがあり,天皇・地皇・人皇(泰皇ともいう)の三皇説があらわれる。…

【名数】より

…中国では三皇,五穀,九族などと,事物に特定の数を添えて称える慣習があり,これを名数と称した。古くは事数ともいった。…

※「三皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三皇の関連情報