コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古点 コテン

大辞林 第三版の解説

こてん【古点】

漢籍や仏典などに施された古い訓点。主として平安時代のものをさす。
万葉集訓点の一。951年、源順みなもとのしたごうら梨壺なしつぼの五人がつけたもの。 → 次点新点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古点の関連キーワード仮名遣及仮名字体沿革史料古今和歌六帖春日 政治大中臣能宣おどり字乎古止点中田祝夫清原元輔坂上望城春日政治紀時文和歌所賜う仮名聳く源順

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古点の関連情報