コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古谷綱武 ふるや つなたけ

1件 の用語解説(古谷綱武の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古谷綱武 ふるや-つなたけ

1908-1984 昭和時代の評論家。
明治41年5月5日ベルギー生まれ。古谷綱正の兄。吉沢久子の夫。谷川徹三にまなぶ。大岡昇平,中原中也らと「白痴(はくち)群」を創刊。昭和11年「横光利一」「川端康成」で文芸評論家としてデビュー。戦後は女性論や人生論,児童文学評論の分野でも活躍した。昭和59年2月12日死去。75歳。成城高中退。著作はほかに「女性のために」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古谷綱武の関連キーワード朝鮮映画NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)交通事故監獄法新聞小説イタリア映画東欧映画プークDumb Type天宮良

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古谷綱武の関連情報