コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

批評文学 ひひょうぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

批評文学
ひひょうぶんがく

日本で,批評が文学として自立するには,やはり小林秀雄の存在が大きかった。彼の出現によって初めて,批評が単なる啓蒙 (けいもう) 的,また時評的役割を脱し,自己の主観や思想を他において語る自律した主体の営為となったからである。その後,河上徹太郎中村光夫福田恆存山本健吉,唐木順三らが輩出し,他方,内にマルクス主義とのかかわりを保ちながら平野謙,花田清輝らも独自の批評世界を築いた。また,最近は,吉本隆明江藤淳山崎正和,柄谷行人らが,文芸批評の枠を越えて,社会・思想という分野でも活発な活動を展開している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

批評文学の関連キーワードI.アームストロング リチャーズアナトーリー ルナチャルスキークリル・バーノン コノリーA.H.L. モッケル古谷 綱武ベンヤミン曲亭馬琴松本鶴雄臼井吉見チボーデ鑑賞批評ランソンバリエテ成田成寿

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

批評文学の関連情報