コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷川徹三 たにかわ てつぞう

美術人名辞典の解説

谷川徹三

哲学者・評論家。愛知県生。京大哲学科在学中は西田幾太郎に学び、三木清らと親交した。和辻哲郎・林達夫らと雑誌「思想」の編集にあたる。思想・芸術・文学など広範な評論活動の他、平和運動にも参加した。東京国立博物館次長・法政大総長。日本芸術院会員文化功労者。詩人谷川俊太郎の父。平成元年(1989)歿、94才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たにかわ‐てつぞう〔たにかはテツザウ〕【谷川徹三】

[1895~1989]哲学者。愛知の生まれ。法政大総長。哲学で深い洞察を示す一方、宮沢賢治研究などの文学・芸術分野でも活躍。また、「人類主権」の立場からの平和運動でも著名。著「生の哲学」「茶の美学」「宮沢賢治の世界」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

谷川徹三【たにかわてつぞう】

哲学者。愛知県生れ。京大卒。法政大教授,雑誌《思想》編集者,《婦人公論》主幹,帝室(国立)博物館次長を経て,1962年法政大総長。西田幾多郎に傾倒し,美術,文芸,宗教,社会など多彩な評論を行った。
→関連項目谷川俊太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷川徹三 たにかわ-てつぞう

1895-1989 昭和時代の哲学者。
明治28年5月26日生まれ。昭和3年法大教授,37年同大総長。この間,林達夫らと「思想」の編集にあたる。宮沢賢治の研究をはじめ,芸術・社会・文化・思想など多方面の評論活動をおこなう。世界連邦運動に共鳴,科学者平和会議などにも参加。昭和62年文化功労者。平成元年9月27日死去。94歳。愛知県出身。京都帝大卒。著作に「平和の哲学」「宮沢賢治」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たにかわてつぞう【谷川徹三】

1895~1989) 哲学者。愛知県生まれ。京大卒。西田幾多郎に師事。世界連邦樹立を提唱、平和運動を進めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷川徹三
たにかわてつぞう

[生]1895.5.26. 愛知,常滑
[没]1989.9.27. 東京
哲学者,評論家。第一高等学校を経て 1922年京都大学哲学科卒業。西田幾多郎門下。 28年法政大学教授。同大総長をつとめた。国立博物館次長ほか文教方面の諸委員会に関係。哲学と文学,芸術の接点を求めて文芸評論,文明批判に独自の領域を開き,『生活・哲学・芸術』 (1930) ,『日本人のこころ』 (38) ,『東洋と西洋』 (40) ,『茶と美学』 (45) ,『生の哲学』 (47) ,『芸術の運命』 (64) ,『人間であること』 (72) など数多くの著作を発表。世界連邦政府運動の熱心な提唱者でもあった。芸術院会員。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷川徹三
たにかわてつぞう
(1895―1989)

哲学者。明治28年5月26日愛知県に生まれる。1922年(大正11)京都帝国大学哲学科を卒業。1928年(昭和3)法政大学文学部哲学科教授。1951年(昭和26)理事、1963年総長(1965年辞任)を歴任。法政大学名誉教授。地中海学会会長、愛知県文化懇談会議長その他多くの要職につく。その活動は幅広く、世界連邦政府運動、憲法問題研究会、科学者京都会議に加わる。1975年芸術院会員。ゲーテの人間性と思想に深く共鳴し、美の深さと高さを探究している。宗教的立場は、ゲーテのいっさいのものに神をみる汎神(はんしん)論で、宮沢賢治(みやざわけんじ)への傾倒もそこに由来する。「生涯一書生」をモットーとする。著書に『感傷と反省』(1925)、『享受と批評』(1930)、『生の哲学』(1947)、『宮沢賢治』(1951)、『人間であること』(1971)などがある。1987年文化功労者に選ばれた。[原島 正]
『『谷川徹三選集』全3巻(1946~1947・斎藤書店/復刻版・1997・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の谷川徹三の言及

【映画】より

…〈映画は葛藤(かつとう)の芸術である〉と定義し,〈映画芸術的な形象,映画芸術的な形式を創造する秘密〉を徹底して追究したエイゼンシテインも,〈娯楽性のイースト(酵母)菌に膨らんだ大多数の平凡な映画作品〉を差別せざるをえなかったし,アメリカの映画批評家タマール・レインもその著《米国映画界縦横録》(1923)において,〈活動写真に芸術がないと云うならば,その人は映画に対する偏見に固まっているのか,さもなければ,生憎その人が常設館へ見に行った時には《ボッブド・ヘアー》とか《ターザン》などという写真がかかって居たので,それから割り出した議論であろう〉と書いた。日本でもH.ミュンスターバーグの映画理論の草分け的名著《映画劇――その心理学と美学》(1916)を訳出した哲学者,谷川徹三(久世昂太郎)はその序文で,〈活劇〉によって映画劇全体を推しはかってはならないとし,映画が独自の芸術であることを理解するためには〈優れた監督と俳優との折紙づきの映画を見ること〉だと書いている。商業主義から見放されたいわゆる〈のろわれた映画〉の擁護に立ち上がったコクトーも,他方では〈映画は芸術か〉という問いほどナンセンスなものはないとしながらも,〈すべてのあやまちはシネマトグラフがただ産業の面からのみとらえられてしまった〉ことだとし,〈文学や絵画や音楽が生産されるものではないように,映画もまた生産されるものではない〉と,その〈芸術性〉のみを主張するに至る。…

※「谷川徹三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

谷川徹三の関連キーワード思想(学術雑誌)信濃自由大学高草木 暮風谷川 徹三昭和時代志賀直哉伊奈信男加山又造古谷綱武平山郁夫自由律中村稔師事谷川

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷川徹三の関連情報