コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古里温泉 ふるさとおんせん

3件 の用語解説(古里温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古里温泉
ふるさとおんせん

鹿児島県中部,鹿児島市桜島の南岸にある温泉。泉質は食塩泉。泉温は 46~48℃で,湯量は豊富。鹿児島湾ごしに開聞岳を望む景勝地にあり,桜島観光の一拠点。林芙美子の文学碑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古里温泉
ふるさとおんせん

鹿児島市古里町、桜島の南岸にある温泉。1779年(安永8)の大噴火によって湧出(ゆうしゅつ)。古くから湯治場として知られ、第二次世界大戦後、桜島への観光客の増加とともに温泉街として発展した。泉質は塩化物泉。近くに桜島南岳を望む有村溶岩展望台や林芙美子(ふみこ)文学碑がある。鹿児島から桜島の袴腰(はかまごし)までフェリーで15分、袴腰からバスで20分。[平岡昭利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古里温泉の関連情報