コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島湾 かごしまわん

7件 の用語解説(鹿児島湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿児島湾
かごしまわん

鹿児島県南部,薩摩半島大隅半島に囲まれた湾。別称錦江湾(きんこうわん)。東西約 10~20km,南北 70~80kmで南に開く。湾奥近くの桜島は 1914年の噴火以後大隅半島と陸続きとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かごしま‐わん【鹿児島湾】

鹿児島県南部、大隅(おおすみ)薩摩(さつま)両半島に囲まれる湾。更新世末期に生じた姶良(あいら)・指宿(いぶすき)両カルデラに起因するという説がある。湾奥に桜島がある。錦江(きんこう)湾。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鹿児島湾【かごしまわん】

九州の南部,薩摩・大隅両半島に抱かれた,東西約20km,南北約70kmの湾。錦江湾とも。湾内に桜島がある。湾奥部は姶良(あいら),湾口部は指宿(いぶすき)の両カルデラによってできたとみられ,一般に水深が大(最深237m)。
→関連項目姶良[市]姶良[町]大根占[町]加治木[町]蒲生[町]霧島屋久国立公園福山[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かごしまわん【鹿児島湾】

鹿児島県の中央部を占める湾。錦江湾とも呼ばれる。東は大隅半島,西は薩摩半島に囲まれ,南は太平洋に開口する。東西幅10~20km,南北約70kmで,くの字形をしている。湾は湾奥の姶良(あいら)カルデラ,湾口の阿多(揖宿(いぶすき))カルデラとこれを連ねる南北断層によって生じたとされ,沿岸には急崖の連続する部分が長い。また湾底も深く,湾口では100m前後に過ぎないが,中央の最深部では237mに達する。湾の中央よりやや北寄りに桜島があり,以前は島であったが1914年の大噴火の時,溶岩によって大隅半島と地続きになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かごしまわん【鹿児島湾】

九州南部、薩摩・大隅両半島に抱かれる湾。湾内に桜島がある。錦江きんこう湾。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕鹿児島湾(かごしまわん)


鹿児島県中央部に入り込んだ湾。薩摩(さつま)半島の開聞(かいもん)岬と大隅(おおすみ)半島西岸の立目(たつめ)崎を湾口とする。東西の幅9~20kmで、北に約70km湾入する。錦江(きんこう)湾とも。北部は姶良(あいら)カルデラ、南部は指宿(いぶすき)カルデラによって形成されたとされ、急深で中央部の最深部は228mに達する。沿岸イワシ漁のほか、ハマチ・ノリ・ワカメ・真珠などの養殖が盛ん。西岸の喜入(きいれ)港に原油貯蔵基地がある。湾央の桜(さくら)島や湾口の薩摩半島南部、大隅半島南西岸は霧島屋久(きりしまやく)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿児島湾
かごしまわん

鹿児島県大隅(おおすみ)、薩摩(さつま)両半島に抱かれた南北約80キロメートル、東西約20キロメートルの湾。錦江(きんこう)湾ともよばれる。湾奥近くに桜島がある。湾口部の水深は約100メートルであるが、湾央へ入ると200メートル以上の部分が広がり、桜島と鹿児島市を結ぶあたりでは約40メートル、さらに湾奥へ進むと約200メートルの水深をもつ部分もある。湾央部を南海盆、湾奥部を北海盆、浅い部分を西桜島水道とよぶこともある。湾の形成は指宿(いぶすき)(阿多(あた))、姶良(あいら)両カルデラに起因するといわれる。1914年(大正3)桜島の大噴火は多量の溶岩を噴出し、大隅半島との幅400メートル、深さ70メートルの東桜島水道を埋め尽くし、桜島は陸続きとなった。湾岸に鹿児島、桜島、垂水(たるみず)、根占(ねじめ)、山川などの港があり、フェリーボートで結ばれるほか、鹿児島港から奄美(あまみ)、沖縄方面への航路にもあたっている。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島湾の関連キーワード薩摩鹿児島県薩摩川内市上川内町鹿児島県薩摩川内市神田町鹿児島県薩摩郡さつま町求名鹿児島県薩摩郡鹿児島県鹿児島市城山町鹿児島県鹿児島市谷山中央鹿児島県鹿児島市中央町鹿児島県薩摩川内市中郷松元〈町〉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島湾の関連情報