右史(読み)ユウシ

大辞林 第三版の解説

ゆうし【右史】

古く中国で、左史とともに君側にいて君主の言行を記録した官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐し イウ‥【右史】

〘名〙 昔、中国で、左史(さし)とともに君主の左右に侍して君主の言行を記録する役目の史官。
太平記(14C後)二六「君のには必ず左史右史(ユウシ)とて、王の御振舞と言とを註し留る人あり」 〔礼記‐玉藻〕
[補注]「米沢本沙石集‐三」には「左史は事を記し、右史(ウシ)は言を記すといへり」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の右史の言及

【書記】より

…【室田 宣一】
[中国]
 書記の語は古くから書物,文字で記されたものの意味で使われてきたが,それが文書や記録を書くことを任とする官名になるのは3世紀,魏の曹操の時代からである。中国では文字を扱う記録係の名称として史があり,天子の言動を記録する左史・右史や,歴史を書く史官を頂点に,各役所の長官=令に属する令史や書史などに分化していった。これらも広義の書記と関係するが,漢代では秘書官的な書記として記室の名称が一般的で,三公や大将軍の上奏,書記をつかさどる記室令史などの官があった。…

※「右史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android