コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右史 ユウシ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐し〔イウ‐〕【右史】

古代中国の官名左史とともに天子の側に侍して、その言行を記録した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうし【右史】

古く中国で、左史とともに君側にいて君主の言行を記録した官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の右史の言及

【書記】より

…【室田 宣一】
[中国]
 書記の語は古くから書物,文字で記されたものの意味で使われてきたが,それが文書や記録を書くことを任とする官名になるのは3世紀,魏の曹操の時代からである。中国では文字を扱う記録係の名称として史があり,天子の言動を記録する左史・右史や,歴史を書く史官を頂点に,各役所の長官=令に属する令史や書史などに分化していった。これらも広義の書記と関係するが,漢代では秘書官的な書記として記室の名称が一般的で,三公や大将軍の上奏,書記をつかさどる記室令史などの官があった。…

※「右史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右史の関連キーワード安倍久頼張耒君主君側

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android