コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右弁官 ウベンカン

大辞林 第三版の解説

うべんかん【右弁官】

律令制の官名。右大弁・右中弁・右少弁の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の右弁官の言及

【弁官】より

…和訓は〈おおともいのつかさ〉。左弁官と右弁官とがあり,ともに太政官(だいじようかん)に所属する。これを構成するおもな官職は左・右とも,弁(大弁,中弁,少弁の三等,定員各1)と(大史,少史の二等,定員各2)で,左右大弁の相当位は従四位上で,八省の卿につぐ高官である。…

※「右弁官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右弁官の関連キーワード太政官(だいじょうかん)太政官厨家領板茂安麻呂内蔵有永宮内省ひょう衾宣旨官宣旨小弁刑部中弁官名外記弁官三局総称定考官掌

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android