コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叶福助 カノウフクスケ

デジタル大辞泉の解説

かのう‐ふくすけ〔かなふ‐〕【×叶福助】

江戸時代、願い事がかなうといって神棚に祭った福助の人形。→福助

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かのうふくすけ【叶福助】

かみしもを着た、背が低く頭の大きな幸福招来の縁起人形。文化(1804~1818)頃、願いが叶うといって江戸で流行し、茶屋・遊女屋・水商売の家などで祀まつり、その後一般の家庭にも広まった。ふくすけ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

叶福助の関連キーワード遊女屋水商売

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android