司天台(読み)シテンダイ

デジタル大辞泉の解説

してん‐だい【司天台】

陰陽寮(おんようりょう)唐名
江戸中期に設置された天文台。元禄2年(1689)渋川春海が江戸本所の邸宅内に創設。延享3年(1746)幕府天文方観測所として神田佐久間町に置かれ、のち、廃止・再興を経て浅草に移転。天保13年(1842)には飯田町九段坂上にも設置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

してんだい【司天台】

陰陽寮おんようりようの唐名。
江戸時代、天文・暦のことをつかさどった役所。1689年江戸本所に建てられ、諸地に移転ののち、1782年浅草に移され天文台と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android