司天台(読み)シテンダイ

デジタル大辞泉の解説

してん‐だい【司天台】

陰陽寮(おんようりょう)唐名
江戸中期に設置された天文台。元禄2年(1689)渋川春海が江戸本所の邸宅内に創設。延享3年(1746)幕府天文方観測所として神田佐久間町に置かれ、のち、廃止・再興を経て浅草に移転。天保13年(1842)には飯田町九段坂上にも設置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

してんだい【司天台】

陰陽寮おんようりようの唐名。
江戸時代、天文・暦のことをつかさどった役所。1689年江戸本所に建てられ、諸地に移転ののち、1782年浅草に移され天文台と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

してん‐だい【司天台】

〘名〙
陰陽寮(おんようりょう)の唐名。
※中右記‐寛治四年(1090)二月二八日「戌剋許牟星見天〈北一所、未申一所、辰巳一所〉司天台奏之、不何怪異也」
② 天文博士(てんもんはかせ)の唐名風の異称。
※小右記‐寛仁三年(1019)六月四日「只今無天文三人博士吉昌卒、権博士久邦住伊与国云々、公家無咎、司天台只有其号、有何益乎」
天文台の旧称。特に、江戸中期に設置された天文台をいう。延享元年(一七四四)八代将軍吉宗が、天文、暦数のことをつかさどらせるため江戸神田佐久間町に設置したもの。天明二年(一七八二)浅草竹町に移転。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)二四「天明二年壬寅六月朔日牛込藁店より司天台今の浅草にうつさる。堀かかりの人には拝領物あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android