コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司天台 シテンダイ

デジタル大辞泉の解説

してん‐だい【司天台】

陰陽寮(おんようりょう)唐名
江戸中期に設置された天文台。元禄2年(1689)渋川春海が江戸本所の邸宅内に創設。延享3年(1746)幕府天文方観測所として神田佐久間町に置かれ、のち、廃止・再興を経て浅草に移転。天保13年(1842)には飯田町九段坂上にも設置。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

してんだい【司天台】

陰陽寮おんようりようの唐名。
江戸時代、天文・暦のことをつかさどった役所。1689年江戸本所に建てられ、諸地に移転ののち、1782年浅草に移され天文台と改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

司天台の関連キーワードジャマール・アッディーン金子半翁福田金塘藤田貞資箕作阮甫江戸時代福田復宝暦暦陰陽寮欽天監医学館天文台改称役所

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android